工業地帯は日本の発展の基礎

関東の工業地帯の特徴

関東地方の内陸部で発展する工業

関東北部の栃木県宇都宮市や上三川町、群馬県太田市や伊勢崎市から南関東の太平洋ベルトに連なる埼玉県狭山市や川越市などの内陸地にかけての地帯は、輸送機器工業を中心として多岐にわたる事業所が散在しており、工業団地が造成・分譲されています。ちなみに、これらの地帯は、関越自動車道や東北自動車道の沿線に立地するほか、それ以外の都市も常磐自動車道・国道4号・国道6号・国道16号・国道17号・国道50号などの主要道路や、JR常磐線や高崎線・両毛線といった鉄道の沿線に沿っており、製品市場である港湾や東京圏などと呼ばれています。

世界に誇る日本の製造技術

過去に日本には工業地帯と呼ばれる場所がありました。多くの工場が集まっている地域でいろいろな製品を製造していました。その技術は世界的に見てもトップレベルで、戦後の経済成長や日本の国力の状況に大きく貢献し、現代の日本経済の基礎を作ったものです。ただし急激な発展のために公害問題などの様々な問題を発生させてしまったことから、徐々にその規模が縮小していきました。現在はそのほとんどが姿を消し、その場所にあった工場はあちこちに分散していますが、これらの場所で培われた製造技術は現代の日本の工業の発展に大きく貢献しています。

↑PAGE TOP

Menu