• トップ

日本の最先端の工業地帯

日本の四大工業地帯のひとつ

九州に始まる工業地帯

太平洋ベルト地帯と呼ばれる地域があります。四つの範囲で構成されるものをこう呼びますが、九州北部が中心となっているものが、北九州工業地帯です。福岡、大分、山口一帯までを含めています。福岡では筑豊の炭鉱が盛んになり、中国の鉄鉱石を輸入しやすい地域であったことも合わさって、鉄鋼業が発達していきました。戦前までの日本を牽引した工業と言えるでしょう。経済や文化の発達にも重要な役割を果たしました。戦後になってからは、石油に注目が集まったため、交代の形になりましたが、歴史に名を刻んだ工場群は、今でも夜景を楽しませてくれいています。

戦後の日本を支えた工場たち

日本の工業は、近代以降急速に発展し、戦後の高度経済成長期には、世界を制覇するに至りました。これを支えたのが、代表的な製品を作り続ける栄光の海岸の最高の地域です。これは、川崎などにある工業地帯のことを言っているのです。川崎はもとより、太平洋ベルトなどともいわれる工場群が日本の経済に与えた影響というのは、これすさまじいものがありまして、そこで働く人たちの雇用、生活レベルの向上、そして積極的な輸出によって世界的な人気爆発となったわけで、その地域は、まさに技術の粋を集めたベルトのような形状をした地域なのです。

↑PAGE TOP

Menu